板橋 焼肉 妃竜の話

肉業界の中である意味、最も有名な人物

ダチョウ倶楽部 寺門ジモンさん

一癖も二癖もある人物だが、食に関してのこだわりは尋常ではなく

お店から絶大な信頼を得ている。

お店と密な関係からジモンさんのインスタは基本的に店名を出さない。

というかジモンさんのインスタ自体、寺門ジモンと名乗っていない笑

1月上旬

そんなジモンさんのインスタに

#板橋レジェンド焼肉 #閉店

とタグ付けされた投稿があった。

板橋は近所だし、めちゃくちゃ気になるので食べログで板橋の焼肉屋をシラミ潰し。

写真のお皿、七輪を見比べお店を発見。

もう閉店しているのか、わからなかったので念の為電話をしてみると

予約は行っていないがあと5日間だけ営業しているとのこと。

お店が閉まる前に一度は足を運ぼうと何とか2日間かけて入店。

なかなかお目にかかれない長期飼育の和牛をいただくことが出来ました!

■キムチ盛り合わせ

右から大根、きゅうり、白菜、小松菜(多分)

さっぱりした旨味と程よい辛さ!美味しいです!

■神戸 黒タン 極上タン芯

46ヶ月飼育の神戸牛 黒タン 美しぃ~~

お値段、1人前6,200円!

ひゃ~~~、流石に躊躇してしまいますが、長期飼育の黒タンをお目にかかることは、なかなか無いので注文。

味付けはもう完全に塩胡椒。

カットレモンを絞っていただきます。

美味い!!…けど、ここまで来ると違いに気づけているんだか、いないんだか笑

一般的には農家の負担を軽減することもあり短期飼育(30ヶ月くらい)で出荷される。

飼育のコストが高く、出回らない黒タンを食せたことに

圧倒的・・・感謝っ!!

■ねぎタン塩、神戸牛タン

一番人気はねぎタン塩とのことですがUS系のタン。

神戸牛タンの方がなぜか安くて疑問に思い店員さんに質問。

食べ比べさせてくれることになり、ねぎタン塩を1枚ずつと神戸牛タンを注文。

ネギ塩タンはネギがびっしり系です。

友人は肉に付いたネギのせいで網が焦げるのがめちゃくちゃ嫌で

場合によってはねぎを箸で取り除くことがあります笑

ただこちらのお店は大丈夫。

ほぼ一品ごとに網を交換してくれます。

どんだけの網のストックとコストなんだ、と驚きました。

ネギ塩タンは黒タンと比べるとジャンクな味付け、これも美味しいです!

神戸牛タンは、タン先かタン下だから安く提供出来ているのかな。

ただ流石の神戸牛、この部位でも味がしっかりしていて美味しかったです。

普通のタンだったら煮込みにしか使われないような部位なのである意味貴重な体験です。

■神戸牛はらみ

1人前3,800円

こちらも46ヶ月の長期飼育されたスペシャルなハラミとのこと。

それぞれ、レア目、しっかりと火入れをしたものと2枚味わいます。

驚いたのがハラミ独特の歯応えというものをあまり感じませんでした。

柔らかく、旨味がある。

これが長期飼育のされた神戸牛なのか!

まだまだ知らない世界はいっぱいあるんだなぁ

■但馬牛上レバー

心がトロける!

神と生産者様が生み出した奇跡の臓物レバー

レベルの高いお店のレバーはやっぱり最高です!

■カイノミ、野崎牛上ロース

左から近江牛 純血但馬 46ヶ月の長期飼育 カイノミ 4,600円

これもなかなかお目にかかれない。

表面をカリッと焼いて、旨味を閉じ込めます!

美味い!!

右が上ロース、今日は野崎牛とのこと。

白米が進みます!

長期飼育でないものはお値段も手頃でコスパの高さも感じます。

感想

金額は1人1万円以上とかなり高額になってしまいました。

やはり長期飼育の和牛はなかなかお目にかかれない為、値段も跳ね上がります。

ただこれだけの長期飼育のタンやハラミを仕入れることが出来るのは限られた店だけ。

まだまだ露出が少ないがとてつもないお店が隠れているのを再認識しました。

10か0のパワーしか無いゴリラの文化的記録

投稿者: 10か0のパワーしか無いゴリラの文化的記録

1000円ガチャガチャで当たった謎の数珠を10秒で壊してバラ撒いたり、鍵を開けようとして鍵をぶち折ったり、丁度いいパワー選択が出来ないゴリラが文化を極めようと日々奮闘してます。