犬も歩けば赤提灯

普段あまり行かない街に降り立った際に最初にすること、飲み屋街の開拓だ。

予め飲みに行くお店を決めているのではなく、街を徘徊しながら第六感で良さげなお店に入る。

外れても構わないという気持ちで行くことが大事なのだが、そもそも調べても外すことは多い。

つまり、調べる時間が無駄だとも言い切れる。

とは言え初デートで食事に誘っておきながらお店を予約していない男など論外扱いされるだろう。後日の女子会でコテンパンにされるに違いない。



先日東京23区外のオシャレタウンに降り立った。



そう、泣く子も黙る吉祥寺だ。

吉祥寺と言えば井の頭公園でアヒルに乗ってデート、駅前のハーモニカ横丁でハシゴ酒、成蹊大学でナンパ、といった若人にはたまらないバラエティ豊かな遊びが出来る場所として有名かと思う。

今回はスーツ姿で1人ということもあり、迷うことなくハーモニカ横丁へチェックイン。

狭い路地を抜けて行くと、サラリーマンや学生の群衆でウジャウジャ。

不景気なんぞどこ吹く風と思いきや、呼び込みを行う東南アジア系の店員さんがチラホラ。

無論シカトである。

グルリと一周した後、即は入れそうなお店があったので結局は横丁の入り口のお店へ。

【てっちゃん】

https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13024975/


店員さんが全員東南アジア人である。

これなら何のために呼び込みをシカトしたのか。。

無駄こそ正解への第一歩、と自分に言い聞かせつつ入店。

左に中国人カップル、右に学生の日本人カップル。

右の彼女のいい女ぶった素振りが若干気にはなりつつも、サッポロ黒ラベルともつ煮を注文。

まあよくある味。

そして旨いかどうかより店内が狭すぎる。

後ろに人が通るたびに背中に一撃を喰らう。

あまりの居心地の悪さにもう一杯でいいかと思いメニューを見ると気になる表記が。





レモンサワー 660円

高いwwwwwwww

これを頼むと生涯で一番高いレモンサワーを飲むことになる。

思い出を残すために再度店員さんを呼ぶことにした。

わし「すいませーん、すいませーん」

店員『・・・・』

わし「すいませーん!!」

店員『・・・・』

日本語が通じないらしい。

さて困ったなと思っていると、左の中国人カップルが店員さんを呼んでくれた。

まさか観光客に救われるとは。

無事にレモンサワーを頼んで数分。。





小さいwww

ジョッキじゃなくてコップかと。

量的にはコスパが悪い上に味も普通。

とっとと飲み干して会計をし、出てきた金額は。。。







ゾロ目wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

一生分の運を使い果たしたような気がしないでもない。